グラビティ株式会社 | 最優秀賞受賞!
18322
post-template-default,single,single-post,postid-18322,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-11.0,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

最優秀賞受賞!

最優秀賞受賞!

こんにちは。採用担当座間です。

先月NLA(次世代リーダー研修)の最終発表会が行われ、
NLA参加メンバの1人沼田君(新卒ページで紹介中の若手エンジニア)が
見事、最優秀賞(Best of NLA)を受賞しました!

おめでとうございます!
受賞風景。
DSC_3509 SC_3524

———————————————————————–
NLA(Next Leaders Academy)=次世代技術リーダー
グラビティでは、高度化・多様化する技術に対応し、クライアントリーダー、
事業を支える人材になるべく業務に直結した教育研修を実施。
1年を通して、現在業務で課題になっていることを自身で洗い出し、
その課題解決のための施策提案を最終発表会にて発表。

※詳しくは、研修制度ページにも記載ございますので是非ご覧ください。
————————————————————————

今回沼田君が発表した内容は、「認められるエンジニアに必要なこと」として
特に新人や若手に対して、何をすることが重要か、
自身の経験談、社内外含めたヒアリング調査結果等により発表しました。

彼の今回の受賞ポイントは、実際社内外含めヒアリングをし、
認められるエンジニア・そうでないエンジニアの調査データを収集、
彼自身の成功・失敗体験談による内容など、提案内容にとても説得あるものになっていたことでした。

沼田君が、この発表で伝えたかったこと。
それは、新人や若手にとって、
まず認められるには、技術ともう一つ大切なことがあるんだよ。と
自らの体験をもって訴えていたように思います。

結局、どんな仕事でも人対人の仕事。
開発の仕事も1人で行う仕事はありません。
必ず、上司、同僚、クライアント等コミュニケーションが発生してきます。
その点に沼田君自身重要ではと気づき、
技術力と人間力、両方を意識し業務に取り組んでいるんだと思います。
自分で気づけること、とても大切ですよね。

また、彼の取り組みでいいなと思ったことが、

「自分ができることを自分から行動する。」というところ。

この取り組みの1つに、「挨拶」を上げていました。

沼田君自身ができることを、自ら考えて取り組んでいる様子が伺えました。

これらの人間力と技術の積み重ねの努力が、人間として技術者として認められるようになり
一人前のエンジニアとして成長しているのではないかと思います。
改めて、沼田君、受賞おめでとうございました!

今年の受賞商品は、ウェアラブルウオッチ。
16114213_979462818821293_8219681463604093963_n DSC_3514

来月は、ものづくり部による社内発表会があります。
ここでも若手が発表する予定です。

最近、グラビティではさまざまなシーンで若手の活躍を
見る事ができとても嬉しい限りです!
頑張れ、若手メンバ!!