グラビティ株式会社 | 新卒採用
81
archive,category,category-recruit,category-81,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-11.0,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

新卒採用

こんにちは。採用担当座間です。 先日2020年4月入社予定の内定者のフォロー面談を実施しました! その様子をお伝えします。 20卒の内定者は2人です。 古暮君と井川君。2人の紹介はまた別の機会に紹介しますね。 グラビティでは、内定後約2ヵ月ごとに内定者のフォロー面談を実施しています。 主な目的は、入社前の不安やGAPを少しでもなくすことです。 グラビティの新卒メンバは、毎年地方から上京してくる学生さんも多く、 初めて一人暮らしする子、関東での生活に不安を抱えている学生さんもいるため 内定者面談では、お仕事の話以外にも一人暮らししている先輩社員から アドバイスやフォローさせて頂いてます。 内定者フォローの面談の内容は、 ・グラビティの最近のトピックスや事業について説明 ・新卒入社した先輩社員や中堅社員との面談 です。 面談の様子がこちら↓↓ 先輩社員とは年齢も近いので、ざっくばらんに和やかな雰囲気で面談している様子でした。 後日、内定者から頂いた感想に、とても有意義な時間を過ごせたとのことで、 いろいろな話やアドバイスをもらえたようで良かったです。 次回の内定者フォローは面談以外に懇親会も予定しています。 その模様はまた次の機会にお伝えしたいと思います。...

こんにちは。採用担当座間です。 9月より、グラビティでは、 海外からのインターンシップ学生を受け入れることになりました! グローバルソーシング強化の取り組みの一環でもあります。 現在インターンに参加しているのは、こちらのお2人。 ビシュールトさん(写真左)とフェーイーアスさん(写真右)です。 フェーイーアスさんはマレーシア、ビシュールトさんは、 インドご出身です。 2人は来年卒業予定の学生なのですが、 日本語も熱心に勉強しているようで、 日本で働きたいという強い想いが伝わってきます。 技術面においては、AIを中心に技術を深めており 高い技術基礎力を持っているためこれからの3ヵ月間とても期待しています。 初めて日本に来たとは感じさせないような落ち着きぶりで 既にグラビティに馴染んでいる様子です。 2人には、これから11月までの約3ヵ月間、 グラビティで新たに取り組もうとしている 自社プロダクトの技術部分の調査、開発などのお手伝いをして頂きます。 Made with world!...

こんにちは。グラビティ採用担当座間です。 4月1日は、新卒の入社式でした! 今年も期待の若手2名が入社してくれました。 伊藤君(写真右)と豊島君(写真左)です。 毎年グラビティの新人は地方から来られる学生さんが いるのですが、今年は豊島君が山形より上京してきました。 今年の入社式も例年通り、カジュアルな形式で 行いました。 池田社長からの挨拶・メッセージに始まり、 技術マネージャー本宮、営業責任の馬場、川合からも 二人に向けて激励の言葉を頂きました。 毎年池田社長や本社メンバのメッセージはとても心に残る話ばかりで 私自身も身が引き締まる思いにもなります。 きっと当人達も心に刺さるメッセージとして受け止めているはずです。 少しだけメッセージ紹介します。 池田社長からのメッセージ。 「自分も新卒の頃実は入社して2か月ぐらいでもう辞めたいと思った。  それでも今はこうして経営する立場にもなっている。  だから諦めずに、強い意志を持って最後まで是非取り組んでほしい。  努力は必ず返ってくるから。」 そして、次に新人2名からの決意表明。 とても頼もしい言葉で、心強かったです。 最後に私からの二人へのメッセージとして、 社会人になった以上、目標の設定と達成の喜びを感じることができる技術者に是非なってほしいです。 これから目標は自分で決めないといけないことが多くなると思います。 初めは自分で見つけていくことは難しいかと思いますが、 上司、先輩、同僚からたくさんフィードバックもらって どんどんチャレンジしていってください! 改めて、伊藤君、豊島君ご入社おめでとうございます!...

こんにちは。採用担当座間です。 本日は先日行われたスキルアップ研修の模様をお伝えします。 今回のテーマは、「ラズベリーパイでIoT&AI」。 社内講師は、リーダーの今村さん(自宅でお子様が喜ぶようなIoT製品を作ったりしてます)、 サブ講師には、河野さん(社内モノづくり部のリーダー)に担当頂きました。 今回の研修のポイントは、二つでした。 1、自分で簡単にIoT&AI製品を作ってみよう ラズベリーパイに興味あるエンジニアはもちろん、使用したことのないエンジニアでも 簡単に使えることができる内容を作品事例をもとに講義。 2、ラズベリーパイ+AIY+グラビティ=新しい価値・モノを作ってみよう グループワークとして、グラビティの自社プロダクトをチームごとにアイデア出して発表。 今村さんが作った作品がこちら↓ ↑スマートスピーカー。 外側の木製のケースも全て手作りです。 講義に参加した若手のエンジニアからは、 自分でも何か作れそうだと思った。という感想を持ったようで 今回の講義をきっかけに、ラズベリーパイの面白さ・技術学習方法も学べたようです。 そして、研修テーマの二つ目はグループワーク。 「ラズベリーパイ+AIY+グラビティ=新しい価値・モノを作ってみよう」 今回の研修は内定者も参加したこともあり若手の斬新な意見もたくさん出て 様々なIoT製品のアイデアが出ましたよ。 「農業ルンバ」など発想がとても面白かったです。 やはり技術集団の会社だけに、実現性高いアイデアがたくさん出たように思いました。 こういうワークは聞いている側もワクワクしてきますね。 これらのアイデアは今後ものづくり部などにも活かし社内研究活動に役立てていく予定です。 以上 研修報告でした!...

こんにちは。採用担当座間です。 本日は、AI技術研究所の活動内容を報告します。 グラビティは、7月にAI事業発展を目的に AI技術研究所を立ち上げました。 メンバはAIチームのリーダー、代表、 新規事業担当者の3名で構成しています。 現在のチーム構成としては少数精鋭ではありますが、 今後メンバは増やしていく予定です。 活動内容としては、AI技術の社外交流、AI技術人材の育成、 AI事業育成のサポート等に取りんでいきます。 第一弾の活動内容は、中国大連にてセミナーを実施しました。 現在グラビティでは、大連、マレーシア、日本の三拠点連携で グローバルソーシングを支援しています。 さらに7月にマレーシアにてグラビティ法人も立ち上げたばかりでもあることで 今回AI技術研究所の社外活動として、大連をスタートにしました。 ↓現地の駐在員向けの雑誌にも掲載させていただきました。 セミナーのプレゼン担当はリーダーの田中さん。 AIの歴史から始まり、読唇術の監視カメラへの応用や銀行業界での活用など ディープラーニングの活用事例を多数紹介、 AIをビジネスにどう活用していくのか等ポイントに説明させて頂きました。 やはりAIへの興味関心は中国でも高く セミナー終了後の質疑応答も多く 参加者の満足度はとても高かったようでした。 次回はマレーシアにて講演します。...

こんにちは。採用担当座間です。 4月に新入社員が入社しました! 今年は、塚本君、伊藤君の2名の新入社員が仲間入り。 彼らは、神戸から上京してきているのですが、 なんと偶然にも卒業した学校も同じだったことが選考中に判明。 ということもあり、同期同士の繋がりは入社前から既にバッチリ出来ていました。 2人の経歴を簡単に紹介しますと、学校ではゲーム開発を中心に学んでいて 在学中、ゲーム開発や自己学習進めていく中で、ゲーム開発以外にも興味を広げていったことが グラビティへの応募に繋がりました。 今ゲーム開発中心に勉強している学生さんも彼らのように、技術興味の視野を 一度広げみると自分の可能性がさらに広がると思いますよ。   こちらは入社式の模様です。 代表の新人時代の話も勉強になったのではないでしょうか。 新入社員の決意表明。ガチガチの伊藤君でした。 塚本君も緊張気味。 毎年この4月は新入社員が入社するということで、 私自身も初心に戻ることの大切さを気づかせてくれる時期でもあります。 塚本君、伊藤君、ようこそグラビティへ。 これから共に頑張っていきましょう!...

こんにちは。採用担当座間です。 グラビティみんなの座右の銘シリーズvol5 グラビティメンバが、日々業務をしている中で、 上司に言われてはっとさせられた言葉、 励まされたり、背中を押してくれた言葉、 仕事で大切にしている言葉などをご紹介します。 少しでも、どのような想いや考えで日々仕事をしているか 伝わればいいなと思っています。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ソフトウェアエンジニア 24歳(新卒2年目) (学生時代ではマクドナルドのアルバイトを6年間続け、 マネージャーポジションまで上り詰める。 趣味はテニスやお酒を飲むこと。グラビティではいじられキャラとして社内で愛されています。) 「相手を理解すること、自分と相手の違いを受け入れ、 自分の感情に流されずコミュニケーションをする」 僕は、仕事で意識していること・大切にしていることは、 仕事以外でのコミュニケーションもしっかりとることです。 その理由は、仕事以外でのコミュニケーションを取ることで、 (喫煙所でのコミュニケーションや仕事の合間の雑談など) 相手の素の部分やどんな性格なのか、お互いを理解できる関係を構築でき、 仕事を進める上でとても役立っているからです。 まだまだ経験が浅いので、評価や開発を進めていく上で、 仕様など分からないこと・理解できていない事が多いのですが、 その時に、上司や関係者の方とお互い理解し合う関係を構築できているので、 質問しやすいこと、また質問した以上にいろいろアドバイス・指導ももらえます。 だから、メンバ同士のコミュニケーション環境を仕事以外の部分で 構築していることで、業務をよりスムーズに進められることができていると思っています。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

こんにちは。採用担当座間です。 先日開催しました、スキルアップ研修の模様をお伝えします。 スキルアップ研修とは・・年間約8回にわたってスキルアップを目的とした勉強会です。 テーマは、最新の技術動向、言語など現場エンジニアの声をもとに設定し、社内外講師を招いて開催しています。 今回のテーマは、「某メーカーの商品開発プロセス」 講師は、某グローバル系の大手メーカーにて現役で活躍している事業責任者様にご来社頂きました。 今回の勉強会の目的は、 ・顧客を理解し、自分達の仕事に活かす。 ことです。 実際にお話し頂いた内容を少しだけご紹介しますね。 商品開発プロセスについて、構想段階から開発工程までの流れ、 コスト面、開発手法など実際のプロジェクトに沿ってご説明頂きました。 さらに実際にプロジェクトで火を吹いたお話しをもとに、開発工程での 重要なこと、何をすることが大切かなども教えて頂きました。 ハードウェアチーム。真剣です。 ソフトウェア用語も多く出てきており、 質問も多く飛び交っていました。 第二部では、実際のプロジェクトの打ち合わせで用いている 取り組み方法について体験するワークも行いました。 初めての取り組みメンバもいたようで、 うーん。。と悩み考えながら進めているメンバも。   ワークの最後は、各チームごとに発表も行いました。 今回の勉強会ではやはり生のお客様の声を聞けたが、様々な気づき・学びに繋がったようです。 さらに、ハードウェアメンバは、ソフトウェアに関する知見、 ソフトウェアメンバは、ハードウェアに関する知見を得るなど視点も広がったようでした。 次回は11月開催です。 またその模様はお伝えしたいと思います。    ...

こんにちは。採用担当座間です。 弊社役員幸地執筆の日経ソフトウェア第8回連載中です。 今回は最終回となります! 本屋等にお立ち寄りの際は是非「日経ソフトウェア」ご覧ください。 よろしくお願いいたします。...

こんにちは。採用担当座間です。 本日は4月に入社した五十嵐君の紹介をしたいと思います! ・出身は?  山形県です。 ・出身校は?  鶴岡工業高等専門学校 制御情報工学科 です。 ・趣味は?  サッカーの試合観戦です。ドルトムントが好きです。  実際にプレーすることも好きで中学までサッカー部に所属していました。  音楽鑑賞も好きでアニソンをよく聞いています。   ・五十嵐君の就職活動を教えてください。  僕の場合は、学校で業種ごとに分けて求人票を提示しており  そこから自分の就きたい業種を探しました。  そして、求人票やHPを見て自分のやりたいこととマッチしているか  ということを考えて就職活動を行いました。  主に力を入れて取り組んだのは自己分析と面接練習です。  この2つは非常に密接にかかわっていて、自己分析は就活のためだけでなく  現在の自分を振り返るのに非常に役に立ちました。 ・グラビティに入社した決め手は何ですか。  HPを見て研修等がしっかりしていると思ったことと、懇親会や忘年会に、  参加させていただき、社員間の雰囲気の良さや同じような趣味の人が集まっていて、  すごく馴染みやすい雰囲気だったということもあり、グラビティに決めました。 ・技術の習得はどんなことを意識して取り組んでいますか。  授業で言われたことをやるだけ、サンプルコードを書くだけではなく、  学んだことを用いて自分で新しいものを作ることを心がけています。  現在、研修でJava Webアプリケーションについて学んでおり、学習した、  ことを用いて家計簿アプリケーションを開発しようとしています。 ・最後に就職活動中の学生さんにアドバイスお願いします。  まず、自分が将来何をしたいかを第1に考えてください。自分のモチベーションを、  維持していく上でも、自分のやりたいと考えていることを実際にできているかという点が、  一番重要になってくると思います。 五十嵐君、ありがとうございました!...